下肢静脈瘤専門のサトウ血管外科クリニック

下肢静脈瘤と診断されたら

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤 (varicose vein, varix)

一般には、下肢の静脈血が何らかの原因でうっ滞(うっ血)して皮膚がかゆくなったり、足がだるくなる、また、下肢の静脈が拡張してブドウ状にボコボコしてくるなどの病気ですが、中には外見上、全くわからない静脈瘤もあります。

下肢静脈瘤は非常に古くから知られていた病気で、パルテノン神殿の麓で発見された古代ギリシャ時代のレリーフ(彫刻)にも下肢静脈瘤がある人物が彫られていました。当時は下肢静脈瘤の血管内には悪い(汚い)血が溜まっていると考えられており、血管から血を抜く、瀉血という治療法が用いられました。

下肢静脈瘤は世界中で多く見られる病気のひとつで、一生涯で10人中6〜7人がこの病気になると考えられています。しかし、経過が長期にわたり、症状がわかりにくいため、今までは一般の人にはあまり知られていませんでした。

  • 大伏在静脈瘤
    大伏在静脈瘤

    大腿付根から下腿を通り、足関節まで下肢の内側を走る静脈瘤です。写真のような怒張した枝を伴うことが多いです。

  • 小伏在静脈瘤
    小伏在静脈瘤

    膝部から踵部までの下腿の後面を走る静脈瘤です。写真では右下腿ですが、静脈怒張は少なく、下腿部の腫脹や熱感のみを認めることが多いです。

  • 下腿潰瘍
    下腿潰瘍

    伏在静脈瘤に併発した下腿潰瘍です。立位が多い職業に多く、飲食業や美容師に多く見られます。

  • 色素沈着
    色素沈着

    大伏在静脈瘤に併発した色素沈着です。静脈怒張はほとんど認めず、下腿が全体的に黒くなってます。