下肢静脈瘤専門のサトウ血管外科クリニック

下肢静脈瘤と診断されたら

下肢静脈瘤の症状

静脈瘤になるとだるさ、重量感、疲労感などがでてきます。しかし、これらの症状は個人差もあり、長期に渡るためなかなか認識されないことが多いようです。
下肢静脈瘤は女性に多い病気だと思われていますが、これは閉経後の女性に下肢静脈瘤が多く、血栓が生じると掻痒感、発赤、疼痛が起こり、これを繰り返すことにより、皮膚に色素沈着が起き、重症の場合は潰瘍になります。こうした症状の変化のため、女性は下肢静脈瘤に気がつくことが多いので下肢静脈瘤は女性の病気と考えられがちなのです。しかし、実際発症する頻度は男女ともほぼ同率だと考えられます。

心臓が下肢の血液を吸い上げることができるのは全体の3〜4割で、残りは下腿筋が収縮することにより血液が心臓へ押し上げられるのです。下腿筋が「第2の心臓」といわれるのはこのためです。

下肢静脈瘤のため血液のうっ滞があると、組織は酸素不足になり、下肢の特に下腿筋(腓腹筋・ヒラメ筋)の萎縮が始まります。この下腿筋には筋肉ポンプ、いわゆる「第2の心臓」としての重要な働きがあります。

下腿筋の萎縮は更なるうっ滞を引き起こし、このため、ますます下腿筋が萎縮するという悪循環を起こします。

この過程では下肢がつる、こむら返りになるなどの症状が現れてきます。

萎縮により下腿筋は伸びきって薄くなり、筋肉内部の静脈(筋肉枝)は拡張します。この静脈はやがて瘤化し、静脈瘤になります。立位時の下肢の張った感じ、重量感、疲労感などはほとんどこの筋肉枝の静脈瘤によるものです。